医療法人ホスピーグループの疾病予防運動施設S-QOLさまで天然酵素風呂開始 総合医療・福祉関連

かかりつけ医療機関として地域医療に協力しながら予防医療にも力を入れておられる魚津市にある医療法人ホスピーグループさまが経営する「カラダとココロと生活のフイットネス」アンチエイジングメディカルスパS-QOL(疾病予防運動施設)の入浴施設で天然酵素入浴用が本年度2月から3月にかけて試験採用され、この度アンケートの結果、「体が温まる」「肌がつるつるする」「夜は熟睡できるようになった」などの評価を得て76.9%の利用者の皆様から継続してほしいとの要望が強く、酵素風呂が常設されることになりました。
体が温まることで血行を促進し夜も熟睡できる効果は新陳代謝を活性化させ、自然治癒力を高め、健康な体の持続化に通じるとの支持を帝京大学ヒューマン学部・上馬塲和夫教授(日本統合医療学会認定統合医療専門医。指導医)の高い評価もいただいています。