福岡県でも天然酵素での清掃ビジネスで障碍者就労に貢献 その他

28年2月21日に福岡RKB毎日放送で紹介されました。
環境興研が地域貢献型事業として富山県から支援を受けた安全安心な天然酵素を使った「クリーンキープビジネス」が福岡の知的障碍者授産施設・シェアースマイルさまで展開されるにおいて、この度その活動内容が福岡RKBテレビで詳しく紹介されました。
社会進出を希望する障碍者が多い中、そのほとんどが職を得れない厳しい環境のなか、環境興研が推進する知的障碍者の経済的自立システムがますます広がっていくことを期待してやみません。
施設長の上野さんは、某大手ビールメーカーをリタイアー後、第2の人生を障碍者支援に尽くそうと知的障碍者授産施設「シェアースマイル」を立ち上げられました。しかし、アクセサリーなどのものづくりをしても時給800円程度で月間約70,000円の収入と限度があり、新たなビジネスの仕組みを模索するなか、弊社に
相談され、クリーンキープビジネスを取り入れられました。元大手飲料メーカーの人脈を活かして、飲食店様の天然酵素を使った清掃請負事業を展開され、お客様にもお店のクレンリネスの徹底で高い評価を受けておられます。