株式会社 富山 環境興研
TOP > 環境・用途開発レポート

酵素 環境・用途開発レポート

医療法人ホスピーグループの疾病予防運動施設S-QOLさまで天然酵素風呂開始

かかりつけ医療機関として地域医療に協力しながら予防医療にも力を入れておられる魚津市にある医療法人ホスピーグループさまが経営する「カラダとココロと生活のフイットネス」アンチエイジングメディカルスパS-QOL(疾病予防運動施設)の入浴施設で天然酵素入浴用が本年度2月から3月にかけて試験採用され、この度アンケートの結果、「体が温まる」「肌がつるつるする」「夜は熟睡できるようになった」などの評価を得て76.9%の利用者の皆様から継続してほしいとの要望が強く、酵素風呂が常設されることになりました。
体が温まることで血行を促進し夜も熟睡できる効果は新陳代謝を活性化させ、自然治癒力を高め、健康な体の持続化に通じるとの支持を帝京大学ヒューマン学部・上馬塲和夫教授(日本統合医療学会認定統合医療専門医。指導医)の高い評価もいただいています。





2016/04/13

ページトップへ

環境・用途開発への取組み

京都大学・信州大学バイオ研究グループとの連携をはじめ各団体・企業様との環境保全・酵素の用途開発への取組んでいます。レポートをご覧ください。

詳しくはこちら


酵素が期待される理由

酵素とは何なのか?また 酵素はなぜ私たちの暮らしや環境保全に役に立ち、期待されているのでしょうか?仕組みを分かりやすくご説明します。

詳しくはこちら


ご利用用途で選ぶ「天然酵素エコ・エクセレント」

役割に応じた酵素を用途にあわせて製品化したものが「天然酵素エコ・エクセレント」シリーズです。ご利用用途に合わせてお選びください。

詳しくはこちら


エコエクセレント 直販ショップ