株式会社 富山 環境興研
TOP > 環境・用途開発レポート

酵素 環境・用途開発レポート

強力な洗浄力を持つ画期的な床洗浄用天然酵素洗剤を開発

予てより金属部品加工工場等や繊維加工工場などで発生するオイルミストによる床面や装置の油汚れを簡単に分解する酵素洗剤をこの度「床洗浄酵素・エコさらり」として開発し、既に大手の様をはじめ多くの企業様から引き合いをお受けしています。

<天然酵素・エコさらりの優位性>
①天然酵素の加水分解機能で従来の科学系薬剤では除去できない汚れも簡単に分解し、即効性も高い。
②特に油脂分解性(リパーゼ)が持続するので産廃物処理費用は抑制できる
③希釈倍率は50倍~100倍で使用できるので直材コストも削減できる
④床に沈着した油脂成分の汚れと同時に臭いも分解する
⑤洗浄作業においては油だ手に付かなく、臭いもしない
⑥脱溶剤、脱石油合成品で手荒れも無く、作業環境上にも優しい

全国各地域代理店を募集中


天然酵素洗剤での事例
手順
①対象となる個所に洗剤を噴霧する(2~3回プッシュ)
②10秒程度放置し、ウエスできれいに拭き取る
基本的にこれでおしまいです。
乾くときれいになるので隣の部分と比較しました。

<チェーン製造工場の床>
50倍希釈液散布後、拭き取り
・かなり強固な油汚れだが、散布10秒後に拭き取ると、油分や汚れがしっかりと落ちる。
・残油感や残洗剤感がなく二度拭きは必要なし。


<チェーン工場の機械カバー>
50倍希釈液散布後、拭き取り
・かなり強固な油汚れだが、散布10秒後に拭き取ると、油分や汚れがしっかりと落ちる。
・残油感や残洗剤感がなく二度拭きは必要なし。


<自動車部品工場現場管理室の床>

原液散布後、拭き取り
(油分や汚れがしっかりと落ちる)
100倍希釈液散布後、拭き取り
(原液散布と同等の効果あり)


<床拭き取り後の雑巾>
拭き取りの油汚れ付着
同雑巾を水洗いする⇒汚れが落ちる
洗う時にべたつかない。手に油がつかない。


2015/09/18

ページトップへ

環境・用途開発への取組み

京都大学・信州大学バイオ研究グループとの連携をはじめ各団体・企業様との環境保全・酵素の用途開発への取組んでいます。レポートをご覧ください。

詳しくはこちら


酵素が期待される理由

酵素とは何なのか?また 酵素はなぜ私たちの暮らしや環境保全に役に立ち、期待されているのでしょうか?仕組みを分かりやすくご説明します。

詳しくはこちら


ご利用用途で選ぶ「天然酵素エコ・エクセレント」

役割に応じた酵素を用途にあわせて製品化したものが「天然酵素エコ・エクセレント」シリーズです。ご利用用途に合わせてお選びください。

詳しくはこちら


エコエクセレント 直販ショップ