株式会社 富山 環境興研
TOP > 環境・用途開発レポート

酵素 環境・用途開発レポート

冷却塔(クーリングタワー)の水質浄化システムを開発しました
天然酵素でレジネオラ菌検出ゼロ

ビルやホテル、工場などに設置されている冷却塔はレジネオラ菌の発生やスライムや藻の発生、配管内の錆やスケールでの配管の詰まりなど多くの課題がありその有効な解決方法が見つからないのが現状です。
結果
 ①レジネオラ菌による近隣被害
 ②配管の詰まりによる冷蔵庫や冷暖房設備の機能低下
 ③電力コストの増大
 ④汚水の産廃処理
などの課題の解決が急がれています。

この度のシステムは、パパイヤとヤシの実の枯草菌から抽出した酵素ですので枯草菌の代謝産物の「抗菌性活性リポペプチド」効果でレジネオラ菌などの病原菌や悪性菌を抑制する効果が確認され、また代謝産物の天然の強力な界面活性性を持つ「surfictin」が配管の汚れを剥離し、酵素の加水分解機能で汚染水そのものを炭酸ガスと水に分解して水質を綺麗にすることが実証されました。
また、酵素はアオコを分解することは確認されていますが、藻類などの殺藻対策については高信化学㈱の持つ「超音波式藻類抑制装置」とタイアップし、超音波で藻類の細胞を振動、ガス胞や細胞膜を死滅させる方法を導入し、富山第一ホテルさまのご協力を得て3年かけて確認をしてきました。
薬剤や化学品を一切使わなく、藻やアオコの発生も抑制するこのシステムは、環境も汚染せずしかもコストも安く手間いらずの画期的な浄化システムです。

3年にも渡り環境保全への取り組みでご協力頂いた富山第一ホテルさまに心から感謝申し上げます。

天然酵素・水にもサプリ効果

富山第一ホテル冷却棟検査データ ※画像をクリックすると拡大してご覧いただけます。

2014/07/24

ページトップへ

環境・用途開発への取組み

京都大学・信州大学バイオ研究グループとの連携をはじめ各団体・企業様との環境保全・酵素の用途開発への取組んでいます。レポートをご覧ください。

詳しくはこちら


酵素が期待される理由

酵素とは何なのか?また 酵素はなぜ私たちの暮らしや環境保全に役に立ち、期待されているのでしょうか?仕組みを分かりやすくご説明します。

詳しくはこちら


ご利用用途で選ぶ「天然酵素エコ・エクセレント」

役割に応じた酵素を用途にあわせて製品化したものが「天然酵素エコ・エクセレント」シリーズです。ご利用用途に合わせてお選びください。

詳しくはこちら


エコエクセレント 直販ショップ