株式会社 富山 環境興研
TOP > 環境・用途開発レポート

酵素 環境・用途開発レポート

アトピー性皮膚炎にお悩みの方々に朗報です

↓クリックで拡大して見る(PDFファイル)
先般6月7日の毎日新聞に広島大学大学院の秀道広教授(皮膚科学)らの研究グループがアトピー性皮膚炎の原因は「人間の皮膚に存在するカビが作り出すたんぱく質がかゆみの原因である」との論文を発表したとの記事が掲載されました。
従来から汗がアレルギーを引き起こすことはわかっていたが、具体的にどの物質が原因かはわかっていなかった。同研究グループはかゆみを引き起こす物質「ヒスタミン」が放出される際、カビの一種の「マラセチアグロボーザ」が作り出す「たんぱく質」が炎症に関っていたとの事です。
弊社の入浴用酵素は酵素の加水分解を活かして体のヨゴレやニオイを分解する人と環境に優しい酵素として発売して以来、なぜか尋常性乾癬やアトピー性皮膚炎、老人性乾燥皮膚疾患等にお悩みの方々から、改善されたみたいとのお声を多くお聞きしていましたが、酵素の分解清浄の成せる技程度で理解しておりました。しかし弊社入浴用天然酵素にある「プロテアーゼ」(タンパク質分解酵素)が触媒として機能してこのたんぱく質を分解していると確信しました。
糀などのタンパク質分解機能を活かした化粧品等が出回ってきている今日、天然酵素の加水分解機能がますます注目されると確信しますが、弊社の入浴用酵素がアトピー性皮膚炎にお悩みの方々の軽減に少しでもお役に立てるよう一層の研究にまい進します。

2013/7/1

ページトップへ

環境・用途開発への取組み

京都大学・信州大学バイオ研究グループとの連携をはじめ各団体・企業様との環境保全・酵素の用途開発への取組んでいます。レポートをご覧ください。

詳しくはこちら


酵素が期待される理由

酵素とは何なのか?また 酵素はなぜ私たちの暮らしや環境保全に役に立ち、期待されているのでしょうか?仕組みを分かりやすくご説明します。

詳しくはこちら


ご利用用途で選ぶ「天然酵素エコ・エクセレント」

役割に応じた酵素を用途にあわせて製品化したものが「天然酵素エコ・エクセレント」シリーズです。ご利用用途に合わせてお選びください。

詳しくはこちら


エコエクセレント 直販ショップ