株式会社 富山 環境興研
TOP > 環境・用途開発レポート

酵素 環境・用途開発レポート

環境に優しい愛車の清掃・洗浄酵素「ピッカーシリーズ」登場

100%植物由来成分の天然酵素が触媒として働き、汚れや臭いの元を炭酸ガスと水に分解して綺麗にする、車内・車体・洗浄酵素や消臭酵素がその実力を認められ、この度(社)富山県自動車整備振興会商工組合に於いて販売される事になりました。

車内洗浄のピッカーROOMは有機系(血痕なども)の汚れや臭い(煙草やペットなど)を分解し、ピッカーBodyはエンジンルームやアルミホイールの油汚れは酵素の剥離分解性質が働いて簡単に油を除去し、手に油も臭いもつきません。 ムッシュDEシュッはエアコンの吹き出し口やシートに吹き付けておくと、煙草やペットの臭いが完全に消えます。

天然酵素が自動車メンテナンス業界に初めての環境保全型の洗浄文化を実現しました。

ページトップへ

環境・用途開発への取組み

京都大学・信州大学バイオ研究グループとの連携をはじめ各団体・企業様との環境保全・酵素の用途開発への取組んでいます。レポートをご覧ください。

詳しくはこちら


酵素が期待される理由

酵素とは何なのか?また 酵素はなぜ私たちの暮らしや環境保全に役に立ち、期待されているのでしょうか?仕組みを分かりやすくご説明します。

詳しくはこちら


ご利用用途で選ぶ「天然酵素エコ・エクセレント」

役割に応じた酵素を用途にあわせて製品化したものが「天然酵素エコ・エクセレント」シリーズです。ご利用用途に合わせてお選びください。

詳しくはこちら


エコエクセレント 直販ショップ