株式会社 富山 環境興研
TOP > 製品情報 > 天然酵素・エコ・エクセレントシリーズの特長

天然酵素・エコ・エクセレントシリーズとは

天然酵素・エコ・エクセレントシリーズは、地球環境にやさしい製品を広く普及させ、日本の水と自然を守りたいという願いから開発されました。

水を汚染しない環境にも人にも優しい製品

この地球は、緑豊かな大地、清らかな清流、幸豊かな大海原、美しい空気に満ちています。これらの自然の資源を育み、守っていくのは豊富できれいな“水”の存在です。しかしながら、私達が日常生活で使用している台所、お風呂、洗車などに使われている洗剤の廃水が、大切な水を汚染し、自然環境破壊を起こし、深刻な問題となっています。
天然酵素・エコ・エクセレントは、バイオの力で汚れを落とすだけでなく、水を汚染しない人にも環境にも優しい製品です。


京都大学・信州大学バイオ研究グループの成果

汚れや臭いの正体のほとんどは、炭水化物、脂肪、たんぱく質です。酵素はこれらを分解する働きを持っています。京都大学・信州大学バイオ研究グループの成果として、「パパイヤ」「椰子の実」を構成する細胞の中の「枯草菌」からプロアテーゼ、リパーゼ、セルラーゼ、パパインを抽出、それらの植物性分解酵素を使用する目的にあわせて配合・処方し、 多様な分野での用途開発に成功しました。 

 

酵素を活性化する「海洋深層水」を使用

酵素を希釈する液として「海洋深層水」を使用しています。海洋深層水は、無機栄養塩に富み雑菌が非常に少ないという特質をもち、人間が必要とするカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分をバランス良く含んでおり、肌に触れる製品では、それそのものの効能に加え、活動を活性化させる役割を持っています。また、製品の保存性を高める効果があります。

 

開発者 信州大学名誉教授 農学博士 松田松二先生の言葉

信州大学名誉教授 農学博士  松田 松二 先生から、エコ・ライフを志向されるあなたへのメッセージです。

※クリックすると拡大表示します。
  


ページトップへ

環境・用途開発への取組み

京都大学・信州大学バイオ研究グループとの連携をはじめ各団体・企業様との環境保全・酵素の用途開発への取組んでいます。レポートをご覧ください。

詳しくはこちら


酵素が期待される理由

酵素とは何なのか?また 酵素はなぜ私たちの暮らしや環境保全に役に立ち、期待されているのでしょうか?仕組みを分かりやすくご説明します。

詳しくはこちら


ご利用用途で選ぶ「天然酵素エコ・エクセレント」

役割に応じた酵素を用途にあわせて製品化したものが「天然酵素エコ・エクセレント」シリーズです。ご利用用途に合わせてお選びください。

詳しくはこちら


エコエクセレント 直販ショップ