ビアガーデン・ビアーホールで酵素洗浄が活躍 外食産業関連

「ビアガーデン・節電の夏に勝機」と題して北日本新聞社が市内の富山電気ビルのビアホールや高志会館ビアガーデンなどで天然酵素でサーバーやグラスを洗って「より美味しいビール」をと新たな取り組みをしている記事が紹介されました。

単にビールをジョッキーに注いで出すだけではお客様の厳しい選択眼を満足させられない時代です。 ビールサーバーやグラスも「クレンリネス」を天然酵素の澱成分の剥離分解効果で一層高めて「工場で飲むビールの美味しさ」を届けようと一斉にビール商戦が始まりました。 今までのやり方考え方の踏襲ではお客様の大きな変化を掴めない時代。こうしたビールサーバーやグラスの「クレンリネス」を徹底して1杯の生ビールを手を抜かず提供できる店が生き残っていく時代になったと実感します。