剣道の防具の消臭にデオドラント酵素が活躍 応用関連

消臭に対するニーズが高まるなか、加齢臭(ノネラーゼと言う脂肪成分)や体臭(発汗からのアンモニア成分など)を触媒酵素の働きで元から断ってしまう「デオドラント・エンザイム・ウオーター」を発売していましたが、剣道の防具の消臭と汚れの分解に即効性があって、色落しないと警察大学校の学生に大変な評価をもらいました。剣道愛好家にとって防具の臭いの問題は積年の課題であり、解決できない問題とあきらめていたそうですが、天然酵素が革命を起こしたようです。

日本の剣道愛好家は約100万人、内、現役剣士は47万8千人だそうで、そのうちの1/4(約12万人)は女性剣士だそうです。(全日本剣道連盟から聞きました)今年から学校の選択科目で「剣道」か「柔道」をどちらか選択学習しなければならなくなったそうですが、剣道愛好家の皆さんには吉報です。

ちなみに日本の柔道人口は約20万人だそうで意外と少ないですね。 外国ではフランスが一番多く、80万人だそうです。日本柔道が弱くなっているのはこのせいでしょうか。