HISTORY エコ・エクセレント ヒストリー

地球環境にやさしい製品を広く普及させ、
日本の水と自然を守りたい。

この地球は、緑豊かな大地、清らかな清流、幸豊かな大海原、美しい空気に満ちています。
これらの自然の資源を育み、守っていくのは豊富できれいな“水” の存在です。
しかしながら、私達が日常生活で使用している台所、お風呂、洗車などに使われている洗剤の廃水が、
大切な水を汚染し、自然環境破壊を起こし、深刻な問題となっています。
天然酵素・エコ・エクセレントシリーズは、地球環境にやさしい製品を広く普及させ、
日本の水と自然を守りたいという願いから開発されました。

はじまり

従来の洗浄は、「強アルカリ洗剤」・「合成界面活性剤」など…化学薬品を使用しているため、
人にも環境にも危険性が高い。
石油化合物を一切含まない、自然由来の洗剤はできないのか?

京都大学・信州大学バイオ研究
グループの成果
「美しい日本の風景を取り戻し次世代に繋げたい」を目的として松田松二先生(信州大学名誉教授)、 藤山静雄先生(信州大学理学部教授)ら産学協同商品開発研究会の協力を得、 研究と実験を重ね、バイオの力で汚れを落とすだけでなく、人にも環境にも優しいエコ・エクセレントの製品化に成功しました。
松田名誉教授からエコ・ライフを志向されるあなたへのメッセージです。
原料
酵素の分解洗浄力に着目。
汚れや臭いの正体のほとんどは、炭水化物、脂肪、たんぱく質です。酵素はこれらを分解する働きを持っています。 京都大学・信州大学バイオ研究グループの成果として、「パパイヤ」「椰子の実」を構成する細胞の中の「枯草菌」 からプロアテーゼ、リパーゼ、セルラーゼ、パパインを抽出、それらの植物性分解酵素を使用する目的にあわせて 配合・処方し、 多様な分野での用途開発に成功しました。

【原料は自然の恵み】

パパイヤと椰子の実に含まれる枯草菌を培養し、その中から抽出した酵素が原料です。枯草菌は、納豆の生産に古くから利用され、私たちの生活に密接した発酵性微生物です。その一部は、洗剤中のタンパク質分解酵素として日常的に私たちの周りで使われ ています。

酵素を活性化する「海洋深層水」を使用。
酵素を希釈する液として「海洋深層水」を使用しています。海洋深層水は、無機栄養塩に富み雑菌が非常に少ないという特質をもち、人間が必要とするカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分をバランス良く含んでおり、肌に触れる製品では、それそのものの効能に加え、活動を活性化させる役割を持っています。また、製品の保存性を高める効果があります。
枯草菌から酵素を抽出+海洋深層水

2008

使用目的・場所により適切な酵素の種類や濃度を各お客様の要望に応じて
カスタマイズしたエコ・エクセレントシリーズを発売

用途
広がる環境興研の業務領域。

天然酵素の水と生態系を健やかに保ちながら、環境をきれいにする優れた働きを様々な分野への用途開発を積極的にすすめています。

eco excellent天然酵素の効能を活かした可能性は無限大です。

現在

各分野での植物性天然酵素の用途開発を通じ、そのゆるまぬ実績の上に個々の課題の検証と
実績の蓄積及び実証データを基に、世の中のへの幅広い貢献を進行させています。

医療の世界でも活躍しています。

推薦のお言葉

未病とは、病気になる前のさまざま気づかない体の兆候にあります。
健康寿命を維持するにはこの未病段階からを予防しなければなりません。
本来、人は病んだらそれを自ら回復する為の自然治癒力や再生力をもっております。それには、血行を促進させ、古い細胞や不要分泌物を取り去り、新しい細胞に代えていく新陳代謝効果を上げることが重要であり、それが未病を予防するポイントです。
この天然酵素入浴剤は温浴効果で血行を促進させ、古い細胞や皮膚からの分泌物を自然に分解してくれる敏感肌の方にも大変優しい新しいタイプの入浴用酵素ですのでお勧めします。

湯快なバイオ入浴用酵素

特定非営利活動法人 日本アーユルヴェーダ協会
理事長 上馬塲 和夫(医師)

富山県国際伝統医学センター次長、
富山大学和漢医薬学総合研究所客員教授を経て現在、
帝京平成大学ヒューマンケアー学部教授兼帝京大学付属
池袋クリニック 院長